対策と治し方を一緒にチェックしよう!

ロゴ

対策と改善法

レディ

間違った歯磨きが原因

実はほとんどの人が間違った歯磨きをしています。間違った方法で歯磨きをすると知覚過敏だけでなく、虫歯や歯周病などの原因になってしまいます。特に知覚過敏の場合、力任せに歯磨きをしたせいでエナメル質が削られ、そのせいで象牙が露出してしまうのが原因になります。

正しい方法で歯磨きをしよう

正しい歯磨きですが、歯磨きで使う歯ブラシと歯磨き粉選びも大きく関わっています。特に歯磨き粉ですが、研磨剤(歯磨剤)がエナメル質と象牙質を傷つけている可能性があるので、研磨剤無配合のもの、知覚過敏用歯磨き粉を使うといいでしょう。そして歯ブラシですが、毛先が柔らかめのものを選ぶといいでしょう。優しく丁寧に磨くことが重要です。

飲食するものに気を付ける

実は体に良いと言われている「酢」が原因になっていることがあります。なぜ酢が原因なのかというと、硬いエナメル質を柔らかくする性質があるからです。この溶かされたエナメル質を守るための治し方としては、酢が含まれているものの食べ過ぎと飲みすぎに気を付けるだけです。逆に口にしておくのが勧められているものに、「ノンシュガーガム」があります。唾液の分泌が知覚過敏予防に効果があるので、勧められています。

色んな治し方があります

専用の歯磨きを使っています。

歯医者さんに診てもらって、知覚過敏だということがはっきりわかりました。改善と予防対策として専用の歯磨き粉を勧められたので、それを使って歯磨きをしています。テレビコマーシャルで宣伝されているもの以外にも、いろんな種類がありますよ。

薬を塗ってもらいました。

診察してもらったときに薬とかあるんですか?と聞いてみたら、あるとのことでした。早めに治したいので、塗ってもらうことに。ただ毎日歯科医院に行くのは大変なので、知覚過敏専用の歯磨き粉を使った歯磨きもやってますよ。効果は高いと思います。

マウスピースで改善

私の場合、歯ぎしりが原因の知覚過敏でした。そのため、マウスピースを使用しています。と言っても眠るときだけです。起きているときは意識して歯ぎしりをやらないようにできるので。自分の歯ぎしりが招いたことですが、はやく改善したいです。

歯周病治療で解決しました

歯茎の状態が悪くなったことで知覚過敏になってしまったので、歯周病治療で知覚過敏の症状を解決しました。歯茎が歯の根元を覆いきれていなかったので、歯の根元を歯茎で覆う方法を実施。歯茎の状態が気になっていて、知覚過敏の症状を感じている人は早めに歯科医院で診てもらうといいですよ。

フッ素ジェルを塗る

知覚過敏用の歯磨き粉を使った歯磨きだけじゃなく、そのあとのケアでフッ素ジェルを塗っています。フッ素は葉の表面を守ってくれるだけでなく、知覚過敏が軽減されると聞いたのでやっています。また、ジェルは市販のやつがあるので、気軽に購入することができますよ。おすすめですね。

広告募集中